3億円貯めれるか?

› 交際費については領収書に相手先等を記入してください

交際費については領収書に相手先等を記入してください

よくよく税務調査でみられる項目として「交際費」があります。

税法上も「交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(以下「接待等」といいます。)のために支出する費用をいいます。」とかなり幅広く定義されています。

いわゆるグレーゾーンが多い勘定科目!

なので領収書にはほかの経費の領収書よりたくさん記載してください。

記載項目

  • 年月日
  • 得意先の氏名又は名称
  • 飲食等に参加した者の数
  • 金額並びに店等の名称及び所在地

まぁ年月日や金額、店名住所などはもともと記載されているかと思いますが、それに加えて得意先の氏名もしくは名称、それと飲食代の場合は総人数(取引先+自分の会社からの参加人数)を記載してください。

裏話

あと会計をみている会社の社長さんが「交際費は自分のおこづかい」と言っていた社長さんもいました。

取引さんの接待といっても、友達の取引先なら遊びで行った飲食の経費なんかも経費として落とせちゃいますからね。ほんとは仕事の接待の飲食は経費、遊びの費用は給料から出してほしいのですが、そこまで分からない。

あとは、例えばお客さんにお菓子を持っていきました。として経費に入れておいて、実際は自分で食べてしまうなんてこともやろうと思えばできるかと思います。そんなんばれたら重加算税バリバリ食らうでしょうけど。まぁできないことはない。

でもやるなら税理士にもばれないようにしてもらいたいところです。

参考リンク

  1. 国税庁 – 交際費等の範囲と損金不算入額の計算

Comment