3億円貯めれるか?

› 資料せんとは

資料せんとは

会社をしていると、時々税務署から書類が届きます。たいていは決算の納付書や年末調整のお知らせなどなのですが、イレギュラーで資料せんというものが届くときがあります。
税務署と聞くと、少し身構えてしまいますが、資料せんは、送られてきた会社に問題があるわけではなく、簡単に言うと「御社の取引先の税務調査に協力してください」という資料です。
主に売上と仕入の資料せんを提出しますが、仕入の場合は相手の振込口座の記載まで求められます。ということは、例えば資料せんで提出した振込口座が、その仕入先の決算書に乗っていない場合は、完璧クロ、つまり隠し口座がその会社にあるということなので、税務調査にいくとほぼ成果を挙げられるということです。
あとは金額を少なめに計上していないかとかも確認しているとは思います。

ただ実務では、ここの取引先はきちんと申告してなさそうなどの理由で、提出先を選んで(危ないところは提出しない)いるようですね。

中に入っている書類

中には①資料せんと、②資料せんの書き方の説明書、③ご案内、④資料せん合計表、⑤返信用封筒などが入っています。読んでみると、資料せんと合計表を記載して、返信用封筒で返送してね。と書かれています。

協力しなくてもよい!!?

中身を読むと、下のところに「この依頼は、皆様の御理解と御協力により提出をお願いするものです。」と書かれています。つまり、この書類は提出しなくてもよいのです。ただ、提出しないと税務署に目をつけられて、税務調査が来たらいやだな~と考えてしまいます。がそこは実際税務調査が来るかどうかどうかわかりません。ただそのよな基準で調査先を選んでも時間の無駄というか、他にもっと明確に調査先を選ぶ基準があると思うので、関係ないとは思います。

ただ、適正な課税のためには極力協力した方が良いとは思います。

めんどくさい場合はエクセルで

資料せんは紙で送られてきて、基本手書きで提出します。最近は国税庁のホームパージにエクセルがおいてあるので、それに入力してCDなどで提出できるみたいですが、少しめんどくさい(CDは税務署に言うと貸し出ししてくれるみたいです。)。
そこで私は、エクセルで入力フォームを作って、それを印刷して提出しています。手で書くよりはずっと楽なのでおススメです。会社の名称と住所を毎ページに書くのは大変ですからね。もし良かったらお使いください。

資料せん簡単入力Ver1.01

Comment