3億円貯めれるか?

› 現金出納帳の記帳と現金残高の確認

現金出納帳の記帳と現金残高の確認

お客さん側でしていただく業務として、「現金出納帳の記帳と現金残高の確認」というものがあります。

会計ソフトを使用して記帳いただくのがベストですが、それでも無理な場合はエクセル、それでも無理な場合は手書きとなりますが、できればデータでやり取りできれば楽でいいので助かります。

現金出納帳はなぜいるのか

現金出納帳はかなり重要な帳簿です。預金出納帳も重要ですが、そっちは預金通帳があれば、入出金と残高が自動的に出てきてくれます。

ただ現金ばかりは自分でつけて行かないといけません。はじめは結構面倒ですが、慣れればなんてことはないですので、がんばってつけて行きましょう。

勘定科目が会計事務所ではわからない

例えば、お菓子を買ったとします。それをお客さんに渡すと交際費ですし、従業員みんなで食べたりすると、福利厚生費となります。もしかしたら社長一人で食べていたりすると、役員報酬となります。

という風にレシート1枚とっても、内容次第では勘定科目がいろいろ変わってきます。なので必ずお客さん側で「支払先・内容・交際費とかだったら相手先」なんかをきちっとつけて行っていただく必要があります。

残高確認することのメリット

残高確認することによって、計上漏れが防げます。帳簿上は20,000円、手元の現金が15,000円となった場合は、何か5,000円の計上がもれていることになります。きっちりもれなく計上することで、利益を圧縮して節税できますし、業績もきちんと把握できるので一石2鳥です。

また2重計上も防げます。最近はクレジットカードで支払うことも増えました。クレジットカードで支払うと、預金からの引き落としとなり、手許現金は減りませんが、うっかり現金出納帳に記帳してしまうと、残高があわなくなってしまいます。この不一致を追求して行くことにより2重計上が防げます。

Comment