3億円貯めれるか?

› 小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除

小規模企業掛金控除とは、社会保険料控除に似たような控除です。

国民年金や厚生年金に加入していても、やっぱり老後が不安だ。なんて考えている肩もいると思います。その時年金をより手厚くしてくれる制度が小規模企業共済等というわけです。仕組みは国民年金や厚生年金とほぼ同じで、毎月掛け金を納めていくと、60歳から年金が受け取れるという制度です。

掛け金が全額所得控除の対象となるので、結構有利な保険です。今後の人生設計に役立つかもしれません。興味がある方は個人型確定拠出年金のページをご参考ください。

自分の分だけしか対象とならない

生命保険料控除や、社会保険料控除は、扶養している家族の分の保険も自身の所得から控除することができましたが、この小規模企業共済等掛金控除については、本人が支払った金額しか対象となりません。

扶養の方の保険料を控除したい場合は、同じような制度で、社会保険料控除の対象である、国民年金基金か、厚生年金基金に加入すると、扶養している方の保険料も控除することができます。

保険料控除証明書が必要

やっぱり保険料控除証明書が必要になってきます。

毎年10月末ころ送られてくると思いますので、大事に保管しておいて、年末調整の時に会社に提出しましょう。

Comment