3億円貯めれるか?

› 百年法

百年法

不老不死の技術が開発されて、永遠に生きられるようになった世界が舞台。

不老不死となることによって一般市民の生活や、官僚の考えなどがリアルに描かれています。

このような本を読んでいると、積極的な政治家と、保守的な政治家が出てきたりします。今の日本を見ていると保守的な政治家が多いなと考えてしまったりするのですが、よくよく考えてみると選挙に行かない若者より、選挙に行く年配者に政策を合わせたほうが、議席が取れて思うように運ぶのでどうしても問題を先送り先送りの保守的な形になってしまうのでしょうか。

まぁこれを変えていくには一人一人がそれぞれ政策を比較検討して、選挙に行くことが大事なことなのかなーと考えたりしてしまいます。

選挙行かないとだめですね。(めんどくさいけど)

でも、選挙近くなると「駅前で○○です」って言ってる人いるけど、あんなことする暇あったら、選挙に通った後にすることしないことをまとめたものを配って欲しいですけど選挙法とかに引っかかるんですかね?

Comment