雑記

ボクシングの歴史を書かれた本なのです。

当時の国のボクシングブームや、ボクシングのタイトルの重さの違いとかがよくわかりました。

今の時代は多種多様で、そこまで全国民が熱中するような競技はないですが、TOKYOオ ...

雑記

短編をいくつか入れている本

それぞれの最後の1行が怖すぎます。

雑記

戦後のボクシングの歴史が書かれている本です。

ボクシングも奥が深いですねぇ。

雑記

小学生のころは歴史の本なんて読んでいても、内容は理解しようとせずに試験のために、年号とか重要な単語だけ覚えようと頑張っていたような気がしますが。

時代小説でその背景などを感じてみるとやっぱり内容が重要なんだなぁとしみじみと ...

雑記

オオスズメバチの一生を擬人化して書かれた物語。

虫の擬人化の本なんて読んだこと無かったのですが、とても面白かったです。

雑記

戦中に神風特攻で死亡した祖母のことを調べる孫の物語。

物語はフィクションですが、作者の勉強の賜物でしょうかかなりリアルにかかれています。

もう戦時に生きた方も、高齢になって今を生きる方にとっては戦争は過去のもの ...

雑記

こんなクリスマスイブもよいですなー

雑記

海賊とよばれた男が面白くて、百田尚樹さんの本を片っ端から読んでいる最中であります。

雑記

いやーこの本は面白かった。

事実は小説よりも奇なりといいますがほんとその通りです。

出光興産の創業者の出光佐三さんの生涯を書かれた本であります。

時代背景もとても興味深く、出光佐三さんの経営やさまざ ...